カードリーダーについてのよくある質問

充電について

充電時間

カードリーダーの充電量が不十分ですと、決済時に正常な動作がおこなわれない場合がございます。
カードリーダーは、半分以上の充電を目安にしていただきますようお願いします。

 

充電ができなくなった場合

下記を順にお試しいただき、充電できるようになるかお試しください。

  1. カードリーダーから、電源ケーブルの抜き差しをおこなってください。
  2. 別な充電コードや充電アダプタ(※)をお試しください。
    (充電アダプタ、充電ケーブル、カードリーダー本体のどれかが故障している場合があります)
  3. 充電アダプタ、充電ケーブルに問題がない場合は、【カードリーダーが壊れた場合】をご確認いただき、
    ヘルプデスクまでご連絡ください。

※充電コードは、Androidスマートホンで使用されている充電コードを代用いただくことができます。
 充電アダプタは付属していませんが、パソコンのUSBに接続して充電が可能です。
 また、充電ケーブル、充電アダプタは、家電量販店などで販売されている市販品をご利用いただけます。

電源ボタンが凹んだ場合

電源ボタンが凹んでいる場合には、裏側の充電ランプは点灯しません。
また、ディスプレイの充電マークが表示されず、ディスプレイが砂嵐の状態になる場合もあり、充電ができません。
下図を参考にカードリーダーの電源ボタンを戻してください。
※下図はカードリーダをお送りした際に同梱しました「カードリーダー取り扱い上の注意」と同様の内容です。

 

 

iPad/iPhoneとカードリーダーがつながりにくい、つながらない場合

iPad/iPhoneとカードリーダーの接続がつながらない場合は、下記のカードリーダーのリセット、
またはBluetoothのデバイス解除をおこない、Bluetoothの再接続をおこなってください。

カードリーダーのリセット

解消しない場合は、充電が十分あることを確認いただいた上で、下記手順でカードリーダーのリセットを
お試しください。

  1. 充電ケーブルを接続している場合は、充電ケーブルをカードリーダーから外してください。
  2. カードリーダーの電源ボタン横にございます「リセットボタン」を、細い針のようなもので押してください。
  3. カードリーダーのディスプレイに「REVIVE MENU」が表示されましたら、
    数字ボタンの「2」を押して「2.System Restore」を選択してください。


  4. 確認画面が表示されますので、カードリーダー右下の緑のチェックマークボタンを押して、「ENT=YES」を
    選択してください。
  5. カードリーダーの再起動が開始されます。
    40秒から1分ほどでBluetoothのランプが点滅し始めますので、再度のペアリングをご確認ください。
  6. Airペイアプリにログインしていた場合は、ペアリング後、Airペイアプリからのログアウト・ログインを
    おこなってください。

 

Bluetoothの再接続

Bluetoothの再接続前に、下記手順でiPad/iPhoneと接続されているカードリーダーとの、デバイス解除作業を
おこなってください。

  1. iPad/iPhoneの設定をタッチし、Bluetooth設定を表示します。
    下記画像のように、「Recruit Card Reader 数字3ケタ」が表示されていましたら、「i」のマークにタッチしてください。
    218903498_01.png
  2. 下記画面が表示されますので、「このデバイスの登録を解除」をタッチしてください。
    218903498_02.png
  3. 下記のような確認画面が表示されますので、「OK」にタッチすると「自分のデバイス」から対象のカードリーダーが解除されます。
    218903498_03.png
  4. 接続時と同じ手順で、再度【Bluetoothのペアリング】をお試しください。

 

 

決済時にエラーとなる場合

支払方法選択時、または決済時にエラーとなる場合、下記の状況をご確認ください。

決済前にご確認ください

  • 三角POP、シールなどの店頭掲示ツールが届いているか
    利用しようとした決済方法の店頭掲示ツールが届いているか、ご確認ください。
    各決済方法は、店頭掲示ツール受け取り後にご利用ができます。
    ※VISA、Mastercard®はカードリーダー到着時よりご利用できますが、
     その他のクレジットカードや電子マネーは店頭掲示ツールの到着までご利用できませんので、ご注意ください。

  • カードリーダーの充電が十分あるか
    充電が少ないと、決済エラーとなる場合があります。

  • カードリーダーの更新情報
    【設定】>【カードリーダー状況確認】を確認してください。
    カードリーダーの更新個所が【アップデート】となっている場合には、タッチして更新してください。
     カードリーダー状況確認

読み取り時

  • ディスプレイが消えてはいないか
    カードリーダーのディスプレイが消えた状態のままで読み取り画面に遷移すると、
    カードリーダーがスリープ状態のため、iPad/iPhoneとの接続が切れている状態になります。
    決済前にカードリーダーのボタンを押してディスプレイを点灯させ、10秒ほどお待ちいただいてから
    読み取り画面へすすむようにしてください。
     カードリーダーのスリープ機能について

  • カードリーダーを充電中の場合
    電子マネー(交通系電子マネー、iD、QUICPay、Apple Pay)の決済時、カードリーダーを充電しながらおこなうと、エラーとなります。充電ケーブルを抜いてご利用ください。

  • 電子マネー(交通系電子マネー、iD、QUICPay、Apple Pay)の決済時は、
    決済音が加盟店様のiPad/iPhoneから鳴るまでタッチするよう、お客様にご依頼ください。
     Apple Payご利用時の注意点

  • 交通系電子マネーは、Airペイアプリバージョンにより、レシートプリンターまたはWi-Fi環境が必要になります。
    エラーが発生した場合は、アプリのバージョンをご確認ください。
       レシートプリンター   Wi-Fi環境 

    Airペイアプリバージョン2.3.0以下

    必須 必須

    Airペイアプリバージョン2.4.0以上

    任意
    ※必要時にご用意ください。
    任意
     アプリバージョンの確認方法     アプリのアップデート方法

  • クレジットカードの読み取り方法に間違いはないか
    ICチップ付きのカードは端末下部より挿入 / 磁気カードのは端末上部よりスライドさせて読み取ってください。
     カードリーダーの読み取り

  • ICカードで読み取りができない場合、上部にスライドさせると読み取れる場合がありますので、お試しください。
    ICカード読み取り時に発生するエラー:A_W0004

  • 磁気カードの読み取りができない場合、磁気部分が擦れていたり、傷がついていないか、ご確認ください。
    汚れをふき取ることで正常な読み込みがおこなえる場合があります。
    また、磁気カードをスライドさせる場合は、スライドを早めにおこなってください。

 

カードリーダーのセルフチェックについて

カードリーダーの電源が入っている場合、午前2時、午前4時の2回、カードリーダーのセルフチェック機能が動きます。
約3分でチェックは完了します。
その間はBluetooth接続が切れている状態となるため、決済、またはログインができません。

メッセージが消え、ディスプレイに「△」マークが表示されてから、ご利用ください。

■ディスプレイ表示メッセージ

218903498_08.png

※該当時間帯に電源が切れている場合はカードリーダー起動時にセルフチェック機能が動きますが、
 上図メッセージは表示されません。

なお、本機能を停止することはできません。あらかじめご了承ください。