申込みフォームで「利用形態」「利用場所」「実店舗の有無」は何を選択すればいいですか?

Airペイを利用して決済する場所を確認するため、申込みフォームの「店舗情報の入力」画面で、下記項目をご回答いただいております。各項目で何を選択すればいいかを、店舗状況に合わせてご説明します。

  • 利用形態
  • 利用場所
  • 実店舗の有無
目次

    申込みタイプ別申込内容

    申込みタイプの選択

    申し込みいただく店舗状況により、下記5タイプに分かれます。該当するタイプをご確認ください。

    申込みタイプの選択 Airペイを利用する場所は?
    • 「常設店舗」とは、常に一定の場所で店舗を構える場合を指します。
    • 複数の「常設店舗」や、「常設店舗」と「常設店舗以外」など複数の店舗でご利用の場合は、下記ページの「複数店舗(支店など)の申し込み方法」を参考に店舗情報を登録後、それぞれお申し込みください。

      複数の業種にあてはまる時は、どの業種を選べばいいですか?

    • Airペイはオンライン決済など非対面決済でのご利用はできません。

    申込みタイプ別の申込み時の選択内容

    ご利用の店舗に該当するタイプを申込みタイプの選択でご確認のうえ、申込みフォームの「店舗情報の入力」画面で下記の通り選択してください。

    項目 Aタイプ Bタイプ Cタイプ Dタイプ Eタイプ

    利用形態

    店舗のみで利用

    店舗以外で利用

    利用場所

    特定の一箇所のみで使用する

    複数の場所で利用する

    実店舗の有無

    あり

    なし

    あり

    なし

    タイプ別の申込内容

    注意事項

    • 申込内容と提出いただいた書類を元に審査させていただきますので、下記判断とは異なる場合があります。
    • 申込内容と提出いただいた書類に相違などがある場合は、申込みをキャンセルして再度申込みし直していただく場合があります。ご了承ください。

    「利用形態」について

    選択肢 説明 タイプ

    店舗のみで利用

    申込みフォームの「店舗住所」でのみ、Airペイを利用する場合に選択してください。

    A

    店舗以外で利用

    申込みフォームの「店舗住所」以外の場所(下記のような常設店舗と見なせない場所)でAirペイを利用する場合に選択してください。

    <常設店舗と見なせない例>

    • 展示会販売、催事販売のみなど
    • 出張販売、出張サービス、露天販売のみなど
    • 移動式店舗(フードトラック、タクシー、屋台など)

    B、C、D、E

    「利用場所」について

    利用形態で「店舗以外で利用」を選択した場合に、追加項目として表示されますので、実態に応じて選択してください。

    選択肢 説明 タイプ

    特定の一箇所のみで使用する

    「特定(固定)の一箇所の場所」でAirペイを利用して決済する場合に選択してください。

    • 利用場所の住所をご入力ください。
    • 住所が特定できない場合は、決まり次第お申し込みいただくか、「複数の場所で利用する」を選択してください。

    B、C

    複数の場所で利用する

    さまざまな場所でAirペイを利用して決済する場合に選択してください。

    • 交通系電子マネーには申し込めません。

    D、E

    「実店舗の有無」について

    利用形態で「店舗以外で利用」を選択した場合に、追加項目として表示されますので、実態に応じて選択してください。

    選択肢 説明 タイプ

    あり

    拠点としている店舗が、固定の常設店舗である場合に選択してください

    B、D

    なし

    拠点としている店舗が、固定の常設店舗でない場合に選択してください。

    C、E

    利用事例

    注意事項

    • 下記事例は、あくまでも一例です。
    • 申込内容と提出いただいた書類を元に審査させていただきますので、下記事例とは判断が異なる場合があります。
    • 申込内容と提出いただいた書類に相違などがある場合は、申込みをキャンセルして再度申込みし直していただく場合があります。ご了承ください。

    事例1(Aタイプ)

    • テナントを借りてレストランを開業するので、Airペイを使って決済したい。
    • Airペイは初めて利用する。

    申込みの前に

    まだAirIDをお持ちでない場合は、AirIDを新規登録し、店舗情報を新規登録してからお申し込みください。

    AirIDの登録方法

    AirID、店舗情報、申込内容の入力例

    AirID(例) 店舗情報(例) 申込内容

    AirRestaurant

    ※新規作成

    Airペイレストラン

    ※新規登録

    利用形態:店舗のみ
    利用場所:ー
    住所:ー
    実店舗の有無:ー

    ※新規申込み

    事例2(Aタイプ)

    既にAirペイを利用してお店で決済しているが、2店舗目をオープンしたので2店舗目でもAirペイを使って決済したい。

    申込みの前に

    既にAirペイを利用していて、新たにAirペイを利用する店舗を追加する場合は、利用申込みの前に新規店舗登録をしてからお申し込みください。

    複数店舗管理

    AirID、店舗情報、申込内容の入力例

    AirID(例) 店舗情報(例) 申込内容

    AirCafe

    Airペイカフェ 丸の内店

    利用形態:店舗のみ
    利用場所:ー
    住所:ー
    実店舗の有無:ー

    Airペイカフェ 八重洲店

    ※新規登録

    利用形態:店舗のみ
    利用場所:ー
    住所:ー
    実店舗の有無:ー

    ※新規申込み

    事例3(BタイプまたはDタイプ)

    • 既にAirペイを利用してお店で決済しているが、期間限定で美術館で物品販売をすることになったのでAirペイを使って決済したい。
    • 過去に別の催事場でAirペイを利用して物品販売をしたことがあるが、その時申し込んだ店舗情報の「利用場所」が「特定の一箇所のみで使用する」であることが分かった。
    • 今後もどこか別の催事場やイベント会場に参加して物品販売をするかもしれない。

    申込みの前に

    既にAirペイを利用していて、「利用形態:店舗以外で利用」「利用場所:特定の一箇所のみで使用する」で申込済みの店舗が存在する場合、下記いずれかの方法で対応するかご検討のうえお申し込みください。

    1. 既に申込済みの店舗情報の「利用場所」の「住所」を変更する。

      入力例については、AirID、店舗情報、申込内容の入力例 方法①をご確認ください。

      • 契約内容の変更方法については、下記のページをご確認ください。

      契約内容の変更方法

    2. 店舗情報を新規登録し、その店舗に対してお申し込みいただく。
      1. 「利用場所」を「特定の一箇所のみで使用する」として申し込む。

        入力例については、AirID、店舗情報、申込内容の入力例 方法②-1をご確認ください。

      2. 「利用場所」を「複数の場所で利用する」として申し込む。

        入力例については、AirID、店舗情報、申込内容の入力例 方法②-2をご確認ください。

        • 電子マネーはご利用できません。
      • 店舗情報の追加方法については、下記のページをご確認ください。

      複数店舗管理

    • 「店舗のみ」で登録された店舗に対して、店舗外で利用すると利用規約違反となります。
    • 既に登録されている「店舗形態」「利用場所」(「特定の一箇所のみで使用する」または「複数の場所で利用する」)は変更できません。

    AirID、店舗情報、申込内容の入力例 方法①

    AirID(例) 店舗情報(例) 申込内容

    AirShop

    Airペイショップ

    利用形態:店舗のみ
    利用場所:ー
    住所:ー
    実店舗の有無:ー

    Airペイショップ 催事場A用 → Airペイショップ 美術館A用

    ※契約変更

    利用形態:店舗以外で利用
    利用場所:特定の一箇所のみで使用する
    住所:催事場Aの住所 → 美術館Aの住所
    実店舗の有無:あり

    ※契約変更

    AirID、店舗情報、申込内容の入力例 方法②-1

    AirID(例) 店舗情報(例) 申込内容

    AirShop

    Airペイショップ

    利用形態:店舗のみ
    利用場所:ー
    住所:ー
    実店舗の有無:ー

    Airペイショップ 催事場A用

    利用形態:店舗以外で利用
    利用場所:特定の一箇所のみで使用する
    住所:催事場Aの住所
    実店舗の有無:あり

    Airペイショップ 美術館A用

    ※新規登録

    利用形態:店舗以外で利用
    利用場所:特定の一箇所のみで使用する
    住所:美術館Aの住所
    実店舗の有無:あり

    ※新規申込み

    AirID、店舗情報、申込内容の入力例 方法②-2

    AirID(例) 店舗情報(例) 申込内容

    AirShop

    Airペイショップ

    利用形態:店舗のみ
    利用場所:ー
    住所:ー
    実店舗の有無:ー

    Airペイショップ 催事場A用

    利用形態:店舗以外で利用
    利用場所:特定の一箇所のみで使用する
    住所:催事場Aの住所
    実店舗の有無:あり

    Airペイショップ 催事場用

    ※新規登録

    利用形態:店舗以外で利用
    利用場所:複数の場所で利用する
    住所:ー
    実店舗の有無:あり

    ※新規申込み
    ※交通系電子マネーはご利用できません。

    事例4(Cタイプ)

    • 普段はネット通販で物販をしているが、催事場にてポップアップストアを出店することになり、そこでAirペイを使って決済したい。
    • Airペイは初めて利用する。

    申込みの前に

    まだAirIDをお持ちでない場合は、AirIDを新規登録し、店舗情報を新規登録してからお申し込みください。

    AirIDの登録方法

    AirID、店舗情報、申込内容の入力例

    AirID(例) 店舗情報(例) 申込内容

    AirShop

    ※新規作成

    Airペイショップ 催事場用

    ※新規登録

    利用形態:店舗以外で利用
    利用場所:特定の一箇所のみで使用する
    住所:催事場の住所
    実店舗の有無:なし

    ※新規申込み

    事例5(Dタイプ)

    • 既にAirペイを利用してお店で決済しているが、キッチンカーを利用してお店の外でお弁当を販売することにした。
    • キッチンカーでの販売場所は、東京都内のA公園とB公園で行う。

    申込みの前に

    店舗外で利用する場合は、利用申込みの前に店舗情報を新規登録してからお申し込みください。

    複数店舗管理

    なお、利用場所が「複数の場所で利用する」の場合は、交通系電子マネーはご利用できませんので、ご了承の上お申し込みください。

    • 「利用形態:店舗のみ」の店舗情報で申込みをした店舗の場合、店舗外での利用は利用規約違反となります。
    • 都道府県をまたぐ場合は、別途店舗情報を新規登録してお申し込みください。

    AirID、店舗情報、申込内容の入力例

    AirID(例) 店舗情報(例) 申込内容

    AirRestaurant

    Airペイレストラン

    利用形態:店舗のみ
    利用場所:ー
    住所:ー
    実店舗の有無:ー

    Airペイレストラン キッチンカー

    ※新規登録

    利用形態:店舗以外で利用
    利用場所:複数の場所で利用する
    住所:ー
    実店舗の有無:あり

    ※新規申込み
    ※交通系電子マネーはご利用できません。

    事例6(Eタイプ)

    タクシーでAirペイを利用して決済したい。

    申込みの前に

    実店舗を持たず、さまざまな場所でAirペイを使って決済する場合の申込内容は「利用場所:複数の店舗」「実店舗の有無:なし」となります。
    なお、利用場所が「複数の場所で利用する」の場合は、交通系電子マネーはご利用できませんので、ご了承の上お申し込みください。

    AirID、店舗情報、申込内容の入力例

    AirID(例) 店舗情報(例) 申込内容

    AirTaxi

    タクシー

    ※新規登録

    利用形態:店舗以外で利用
    利用場所:複数の場所で利用する
    住所:ー
    実店舗の有無:なし

    ※新規申込み
    ※交通系電子マネーはご利用できません。

    この記事の改善のために、
    ご意見をお聞かせください。
    この記事は役にたちましたか?

    Airペイへのお問い合わせ

    上記で解決しない方は
    こちらからお問い合わせください。