決済完了した取引の取り消し・返品(キャンセル)処理

売上を取り消し・返品(以下キャンセル)する場合について説明します。

取り消しをおこなう際の注意事項

取り消しをおこなう際の注意事項は下記になります。ご確認の上で対応をお願いします。

  • 取り消しをおこなうと、元に戻すことはできません。
  • 当日の取り消し、翌日以降の取り消しどちらの場合でも、決済されたカード、スマートフォンなどが必要です。
  • 取引を取り消す場合には、取引を実施したiPad/iPhoneで処理する必要があります。
  • 決済されたカード、スマートフォンなどがなく、お客様がいらっしゃらない場合の取り消しは、
    下記「決済の取り消し依頼」からお問い合わせください。
    ※処理完了までに数日お時間をいただく場合がございます。

交通系電子マネーの取り消しはできません

交通系電子マネーの決済では、返品などによる取り消し処理はできません。
返品などをおこなう場合には、現金での払い戻しをお願いいたします。

 

取消処理の方法

取り消したい取引情報を検索する

Airペイアプリホーム画面にある「履歴」をタッチします。
履歴画面が表示されます。「検索」をタッチし、表示された吹き出しに検索条件を入力します。

※取引期間、カード番号(下4ケタ)、決済方法などを入力して検索することができます。

216578218_01.png

検索結果が表示されましたら、該当の取引情報を確認の上タッチすると、右側の詳細画面に表示されます。

 

取消処理

  1. 該当の取引情報画面下部にあります「取引を取り消す」をタッチします。
    216578218_02.png 216578218_09.png

  2. 注意画面が表示されます。対象の取引で間違いないか確認し、「取り消す」にタッチしてください。


  3. カード読み取り画面になります。
    決済時に利用されたカード、またはスマートフォンを画面に従って読み取ってください。
    216578218_04.png

  4. クレジットカードの場合はサイン入力画面になります。お客様にご署名をご依頼ください。
    サイン入力後【完了する】にタッチすると、決済時と同様に決済センターとの通信がおこなわれます。
    iD、QUICPayはサイン入力不要です。
    Apple Payご利用時はTouchIDが必要です。
    216578218_05.png

    注意
    電子サイン画面で操作がおこなわれないまま1分を経過すると、下図エラー画面が表示され、
    【OK】にタッチすると履歴画面へ戻ります。
    手順①からやりなおしてください。
    216578218_06.png

  5. 「取消完了」と表示されましたら、完了です。

  6. メール自動送信または自動印刷設定をおこなっている場合には、「取消完了」後にメールアドレス入力画面、
    またはレシート印刷がおこなわれます。
    ※印字されたレシート内容およびメールの項目については、レシートの印字項目を参照してください。

    取り消しされたレシートには上部に「返品」と印字されます。
    216578218_07.png
    また、履歴から印刷されたレシートには、返品の横に「再印字」と印字されます。
    216578218_08.png